脱毛機器紹介

  • HOME>
  • 脱毛機器紹介

当クリニックの医療レーザー脱毛機について

アメリカ・ルミナス社の「ライトシェアデュエット」を採用

アメリカ・ルミナス社の「ライトシェアデュエット」を採用

明石駅前にある美容クリニック、ベレッサ明石美容クリニックでは脱毛治療用の医療レーザー脱毛機として、アメリカ・ルミナス社の「ライトシェアデュエット」を採用しています。これはアメリカのFDA(米国食品医薬品局)から永久脱毛機として認定を受けている機種で、世界そして日本でもトップシェアを誇る信頼と実績のある脱毛機です。

医療レーザー脱毛機は大きく分けて「ダイオードレーザー」「アレキサンドライトレーザー」「YAGレーザー」に3つに分けられますが、ライトシェアデュエットは半導体を光源としたダイオードレーザーで、波長が長く皮膚の深部まで届くという特徴があります。また、お肌の中にあるメラニン色素に反応しにくくなっているので、白人と比べてメラニン色素の多い日本人のお肌に最も合っていると言われています。

ライトシェアデュエットの脱毛の仕組み

ライトシェアデュエットでは、毛に含まれるメラニン色素に対してレーザーを照射して、毛乳頭や毛母細胞といった毛を再生させる組織に熱エネルギーを加えて破壊します。医療レーザー脱毛機のうち、アレキサンドライトレーザーの波長が755nmであるのに対して、ライトシェアデュエットのダイオードレーザーは810nmと長いので、毛根が深いムダ毛に対しても高い脱毛効果を発揮します。

「吸引システム」でお肌がダメージを受けるリスクを低減

ライトシェアデュエットには「吸引システム」という機能が搭載されていて、ハンドピースでお肌を吸引しながら狙った毛根にだけレーザーが照射できるので、お肌の中のメラニン色素と反応することが少なくなり、お肌がダメージを受けるリスクを大幅に低減させることができます。また吸引システムにより照射ヘッドがお肌に密着するので、低出力でも狙った毛穴の奥へしっかり熱エネルギーを届けることができるようになります。

ライトシェアデュエットの特徴

日本人のお肌に最も合っている脱毛機

ライトシェアデュエットのダイオードレーザーは、お肌の中にあるメラニン色素には反応しにくいため、白人と比べてメラニン色素の多い日本人のお肌に最も合っている脱毛機と言われています。また、少しの日焼け肌や、色黒の方でも安全に施術を行うことが可能です。

日焼けしたお肌・色黒の方でも安全に施術可能

医療レーザー脱毛機のうち、アレキサンドライトレーザーの波長が755nmであるのに対して、ライトシェアデュエットのダイオードレーザーの波長は810nmと長いため、狙った毛穴の中へ確実に熱エネルギーを届けることができ、アレキサンドレーザーよりもお肌の中のメラニン色素に反応しにくいという特徴があります。そのため、日焼けしたお肌や色黒の方でも、お肌がダメージを受けるリスクを最小限に抑えて安全に施術することが可能です。

高い脱毛効果が期待できる

ライトシェアデュエットのパルス幅(レーザーが1ショットあたりに照射される時間)が最大400msと長いため、毛乳頭や毛母細胞といった毛を再生させる組織が確実に破壊でき、高い脱毛効果が期待できます。また、パルス幅の調整が可能なので、産毛や細毛といった毛の種類に合わせてきめ細やかに施術することができます。

お肌へ安心・安全に施術が行える

ライトシェアデュエットには「吸引システム」という独自の機能が搭載されていて、これはお肌を引き伸ばして狙った毛根だけにレーザーを照射するというものです。これによりレーザーがお肌の中のメラニン色素と反応することが少なるため、お肌がダメージを受けるリスクが大幅に低減されます。さらに吸引システムによって照射ヘッドがお肌に密着するため、低出力でも狙った毛穴の奥へしっかり熱エネルギーを届けることができるようになります。

施術時間の短縮が可能

ライトシェアデュエットの照射ヘッドは35mm×22mmとサイズが大きいため、短い時間で広範囲を施術することが可能です。一方で9mm×9mmというサイズの小さな照射ヘッドも使用可能なため、お顔やデリケートゾーンなど細かな施術が必要な部位にもきちんと対応することができます。